SDGsにはどんな経営ガイドがある?一般的な経営ガイドラインやコンサルティングについて紹介!

SDGsにはどんな経営ガイドがある?一般的な経営ガイドラインやコンサルティングについて紹介!

SDGsの経営ガイドとは?

SDGs経営ガイドとは企業がどのようにしてSDGsに取り組んでいくべきか、投資家はどのような視点でSDGsに取り組んでいる企業に対しての評価をおこなうかをまとめたガイドです。

SDGs経営ガイドは経済産業省が策定していることもあって、内容に関しては専門家と何度も協議を重ねて策定されているので、SDGsに関するノウハウを持っていない企業などはsdgs方針を決定する際には非常に参考になります。

そのためSDGsを取り入れることを考えているのであれば、最初にSDGs経営ガイドを確認してからSDGsに取り組むのも方法の1つです。

2019年に策定される

SDGs経営ガイドは2019年に策定されましたが、SDGs自体が歴史も浅いこともあって、sdgs経営ガイドの策定の歴史も浅いです。SDGsに取り組むことは素晴らしいことであり、世界中で現在では推奨されている取り組みの1つとして大きな注目と関心を集めています。

しかし、SDGsは目標が設定されてからの歴史が浅いため、企業によってはノウハウを持っていないことも珍しくなく、どのようにしてSDGsを取り組んでいけば良いかわからないことがほとんどです。

そういった状況を支援するためにSDGs経営ガイドラインは策定されました。

SDGsの経営ガイドの内容

SDGsの経営ガイドの内容としてはどのようにしてSDGs経営をおこなっていけば、効果的にSDGsを企業内に落とし込んで、ビジネスに関与させていけば良いかの方針についてまとめられています。

簡単にいってしまえばSDGs経営のエッセンスをわかりやすいようにまとめたものが、SDGsの経営ガイドラインです。

 

SDGs経営をどのようにおこなうのが理想か

SDGs経営をどのようにおこなうのが理想かについては、経営ガイドラインなどを参考にしながら進めていくことが大切です。しかし、SDGs経営のガイドラインを守っていれば、必ずSDGs経営が成功するわけではなく、SDGs経営のガイドラインに記載されていない部分についての理解も重要です。

ガイドラインに記載されていることはしっかりと参考にすることは大前提ですが、それ以上に従業員のケアなども必要になってくるといえるでしょう。

 

 

SDGsを成功させるための経営ガイドライン

SDGsを成功させるための経営ガイドラインのノウハウについてわかりやすくまとめられているので、参考にすることで理解を高めることが可能です。SDGsを成功させるための経営ガイドラインに記載されていることについて、具体的にどのようなことが記載されているかについて紹介していきます。

SDGs経営に対する理解を深める

まずは、SDGs経営に対する理解を深めることが大切であり、これは社長や役員などの経営陣だけが理解をしていれば良いわけではなく、全従業員が企業のSDGsに対する取り組みを理解して、自分たちもSDGsに関係している意識を持つことが必要です。

SDGs経営は経営陣だけで行うことは不可能なので、教育制度の充実や研修の開催なども理解を深めるためには重要です。

最優先課題の設定

SDGsには17の目標が設定されているので、すべてにいきなり取り組むことは難しいので、自分たちがどれに取り組むべきかに関して考えて最優先課題の設定をしてください。まずは、最優先課題の取り組みを高いレベルでできるようにする方が、複数の取り組みを中途半端におこなうよりも遥かに効果的です。

SDGsを経営に落とし込む

SDGsを経営に落とし込むためには現在どのような取り組みをどのような目的でおこなっているかについての理解が求められます。また、課題を設定する際にもSDGsと自社の課題や経営の関係性についても考えておくことで、SDGsを経営に落とし込みやすくなるといえるでしょう。

社内外を問わずに定期的に発信

社内外を問わずに取り組んでいるSDGsが、どれくらいの達成率を持っているかについてなどを定期的に発信することがおすすめです。社内であれば自分たちの取り組みがどれくらいできているかについて知ることでモチベーションに繋がり、社外であれば積極的にSDGsに取り組んでいる企業として知名度や信頼度の向上に貢献します。

実行と修正を繰り返してブラッシュアップ

最初から完璧な計画を作成することが不可能なので、失敗しても落ち込むことがありません。まずは、実行したことについてポジティブな評価をしてから、どこで失敗をしてしまったかについて分析することでブラッシュアップしていくことが可能です。

大切なのは取り組みに関してはポジティブに捉えて、失敗を次の実行に活かしていくことといえます。

 

SDGsコンサルティングによる経営ガイドについて

SDGsコンサルティングによる経営ガイドを活用することで、企業に足りていないノウハウの部分について解消することができるようになるでしょう。SDGsコンサルティングによる経営ガイドについて紹介していきます。

SDGsコンサルティングを依頼する魅力とは

SDGsコンサルティングを依頼する魅力の最も大きい点はSDGsに関するプロのアドバイスを受けることができる点です。SDGsコンサルティングはSDGs導入時のアドバイスだけでなく、導入後のアドバイスやどのようにすればSDGss経営が改善していくかなど、SDGsに関することであれば適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

コンサルティング会社の選択基準

SDGsコンサルティング会社の選択基準に関してはさまざまな部分がありますが、SDGsコンサルティング会社にもそれぞれ特徴があることから、自社がやりたいこととSDGsコンサルティング会社の方針が合っているかは重要です。

SDGsコンサルティング会社の選択基準について紹介していきます。

どの分野に強いのか

SDGsコンサルティング会社にも得意としている分野と不得意としている分野があることから、自社がどのようなSDGsに取り組みたいかについて先に結論を出してからSDGsコンサルティング会社を探すのがおすすめです。

不得意分野であっても対応はしてくれますが、経験や技術面で劣る傾向があるので、アドバイスの質が少し落ちてしまうこともあるので注意が必要です。

コンサルティングの実績は十分か

SDGsコンサルティング会社のSDGsコンサルティングの実績は十分かについても判断基準といえます。SDGsコンサルティング実績が多ければそれだけ経験も豊富であり、多くのSDGsコンサルティングを成功させてきた証明です。

SDGsコンサルティング会社を選ぶのに迷った際には実績が十分にあるコンサルティング会社から相談することをおすすめします。

料金は適切か

SDGsコンサルティング会社のSDGsコンサルティング料金は適切かどうかについても確認してください。コンサルティング相場に関して、わからない場合には複数のコンサルティング会社に相談することで解決ができます。

相見積もりを取ること自体は一般的なので、依頼時には相見積もりを取って比較することが大切です。注意点としては金額面だけで考えるのでなく、サポート面での充実度についても確認してください。

 

まとめ

SDGsを効果的に導入することは専門的な知識などが必要になるので、SDGsコンサルティング会社に依頼して足りていない専門知識やノウハウを補うことが有効です。例えばSDGsを導入時にはコンサルティング依頼をして、少しずつSDGsに強い人材を社内で育成しておけば、将来的にはsdgs関連の業務を自社内ですべてクリアすることもできます。

SDGsの重要性はこれからさらに増回してくことが予測されているので、積極的にSDGsに取り組むことで企業全体のイメージアップや信頼度の向上などにも好影響が期待されています。

 

この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

SDGsカテゴリの最新記事