SDGsはブランドのイメージ向上に効果的!実際に向上した事例などを紹介!

SDGsはブランドのイメージ向上に効果的!実際に向上した事例などを紹介!

SDGsは企業のブランドイメージ向上に貢献

SDGsは企業のブランドイメージ向上にも貢献しており、実際にSDGsに取り組んだことでブランドイメージが向上して売り上げなどにも大きな影響を与えた事例も多数あります。

SDGsは目標が設定されてからの歴史が浅いこともあり、日本国内での知名度や実際に取り組んでいる企業はまだまだ少ないですが、これからSDGsに取り組んでいる企業は増えていくと考えられています。

SDGsに対して積極的に取り組むことでさまざまなメリットを企業にもたらすだけでなく、企業経営におけるリスクなども抑えることが可能です。なぜSDGsは企業のブランドイメージ向上に貢献するかについて紹介していきます。

持続可能な企業だと認知してもらえる

SDGsは持続可能な社会を目指すために17の目標が定められていることから、SDGsに取り組んでいる企業が持続可能な企業だと他の企業や一般顧客から認知してもらえるようになるでしょう。持続可能な企業として認知されれば、これから長期間に渡って企業経営をしていくと判断されるので、他の企業からの仕事の受注などにも好影響を与えます。

就職・転職希望者から選ばれやすくなる

就職・転職希望者から選ばれやすくなることもSDGsに取り組むことの大きなメリットです。現在の就職活動では大企業や中小企業などの企業の大きさにこだわるのではなく、仕事のやりがいやワークライフバランスをどれだけ実現しているかも判断基準になっています。

SDGsでは従業員が働きやすいように労働環境を整える項目があることから、SDGsに取り組んでいる企業は従業員のことを大切に扱っていると判断されるので、就職・転職希望者から選ばれやすくなるといえるでしょう。

従業員の仕事への意欲が向上する

SDGsでは目標として性別や出身など関係なく平等に機会を与えるとしているので、若くても男性でも女性でも積極的に意見を述べる人材に対しては機会が巡ってくることから、仕事に対するやりがいやモチベーションにも繋がります。

また、SDGsの取り組みを社内で浸透させることで、従業員一人一人がSDGsに取り組み実現させようと意欲的に行動するようになるでしょう。

 

SDGsとブランドの関係性について

SDGsとブランドの関係性は密接なものあり、SDGsとブランドを結び付けることで新しいビジネスモデルが生まれることも珍しくありません。SDGsとブランドの関係性を深めるためにはSDGsに対しても深い理解と知識が求められることから、ブランド担当者にはSDGsとブランド両方に対しての能力が必要です。

SDGsがブランドに与える影響は小さくない

SDGsがブランドに与える影響は小さくないので、上手に活用をすることができればブランドの売上を大きく増加させることも可能です。しかし、注意点としてはSDGsを正確に理解していない状態でブランドに活用してしまうと、思わないトラブルや問題の原因にもなります。良くも悪くもブランドに与える影響は小さくないことは常に意識することが大切です。

SDGsがブランドに有効活用できるかチェック

SDGsがブランドに有効活用できるかどうかを先にチェックすることをおすすめします。SDGsには17に目標が設定されているので、すべての目標が自社のブランドに適応しているわけではありません。

そのため企業全体で取り組んでいるSDGsの取り組みがどのようにしてブランドに有効活用できるかのチェックは必要です。

SDGsをブランドにつなげる手段

SDGsをブランドに繋げることができて初めてビジネス価値を生み出すことになります。SDGsをブランドに繋げるためにはさまざまな段階があり、一つずつ段階をクリアしていくことで効果的にSDGsをブランドに繋げることが可能です。

SDGsをブランドに繋げる手段について紹介していきます。

プロモーションで認知を拡大

プロモーションで認知を拡大することでSDGsをブランドに繋げる効果が高まっていくので、プロモーションを効率よく有効的におこなうことが重要です。そもそも企業自体がSDGsに取り組んでいることも消費者に知られていない状況であることも珍しくありません。

そのため最初に行うべきはプロモーションで認知を拡大することです。

消費者にとってのメリットを示す

消費者にとってどのようなメリットがあるかについても示すことで、消費者が商品を手に取りやすくなります。パッケージにメリットをわかりやすく示すのも方法の1つです。

ビジネスモデルの確立

ビジネスモデルの確立をすることができれば、SDGsをブランドに繋げるノウハウを社内で保有することになるので、2回目以降の商品開発などの際にノウハウを有効的に使用ができます。

 

 

SDGsでブランドイメージが向上した事例

SDGsでブランドイメージが向上した事例に関してはいくつもありますが、実際の事例について把握することで、どのようにSDGsをブランドに繋げれば良いかについてイメージしやすくなるでしょう。

SDGsでブランドイメージが向上した事例について紹介していきます。

味の素冷凍食品

味の素冷凍食品は食品会社なこともあって、世界中の飢餓を無くすことに積極的に取り組んでいて、取り組みの1つとしてベトナムの学校給食プログラムがあります。ベトナムの子供たちの栄養不良を無くすためにさまざまな情報や資料などを提供するプログラムです。

ピープルポート

ピープルポートでは難民で働く先がない人たちに雇用機会を提供するための活動をおこなっています。フルタイムで働ける環境を提供することで難民の人たちが日本に馴染みやすいように協力する他、日本語教室を開催するなどさまざまな取り組みをしています。

将来的には100人の難民を雇用することが目標です。

KOSE

KOSEでは大きな問題になっている海洋プラスチックを再活用して買い物かごの作成をしています。海洋プラスチックを活用した買い物かごを作成することで、海洋プラスチックを減らすことの重要性などについて積極的に発信をおこなっています。

海の豊かさを守るためにSDGsに取り組んでいることから、海洋プラスチック問題に取り組んでいるといえるでしょう。

小川珈琲

小川珈琲では使用するコーヒー豆などをフェアトレードによる正しい価格での購入をSDGsによっておこなっています。コーヒー豆生産者などは正しい価格よりもはるかに低い金額で仲介業者にコーヒー豆を渡していることもあって、十分な利益を出すことが難しいです。

フェアトレードをすることでコーヒー豆生産者は正しい価格での販売ができるようになるので、十分な利益を出して生活も潤うことになります。

山田繊維

山田繊維では風呂敷や和雑貨を作っていますが、風呂敷などを作る際に出る端材や、販売基準に満たない製品などを商品開発に活用しています。また、販売基準に満たない製品をMOTTAINAI価格としてセールで販売するなどの取り組みも行っています。

 

まとめ

SDGsはブランドのイメージ向上にさまざまな影響を与えることからブランド担当者はSDGsとブランドの両方に対しての深い理解と知識が必要です。SDGsはすべてがブランドに活用できるわけではありませんが、どのSDGsが自社のブランドに活用することができるかについては先にチェックしてから行動を起こすことが大切です。

上手にSDGsをブランドに繋げることができればブランドイメージ向上に貢献してくれるだけでなく、企業全体がSDGsに積極的に取り組んでいることも他の企業にアピールできます。ブランドイメージ向上が実現すれば企業経営においてもさまざまな好影響があります。

 

この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

 

SDGsカテゴリの最新記事