金融業界もSDGs!取り組む目的や各種事例を紹介!

金融業界もSDGs!取り組む目的や各種事例を紹介!

金融業界がSDGsの取り組む目的

金融業界ではSDGsに対して積極的に取り組んでいますが、金融業界は法人や個人などと取引することになるので、取引先がSDGsに対しての活動をおこなっていることが多いことから金融業界でもSDGsに取り組んでいます。

金融業界は社会的に担っている責任が大きいことからも、SDGsに取り組むことで社会的な責任を自覚して果たすことをアピールすることができるでしょう。他にも金融業界がSDGsに取り組む目的について紹介していきます。

企業のイメージアップ

SDGsに取り組むことで企業のイメージアップに繋がるので、SDGsに取り組んでいる企業と取り組んでいない企業ではイメージがこれからは大きく異なると予測されています。

また、日本ではSDGsに対する認知度は高くなってきていますが、実際に取り組んでいる企業は少ないことから、SDGsを積極的に取り組むことができれば社会的な責任を果たした目の努力をしていることを対外的にアピールが可能です。

SDGsに取り組んでいることで取り組んでいない企業との差別化を図ることもできることから、大きなイメージアップであるといえます。

企業のリスクを回避できる

金融機関だけでなくあらゆる企業で将来的には生存競争がさらに激しくなっていくことが予測されている他にも、将来的は企業によってはSDGsに取り組んでいることが取引条件とする企業も増えていくといえます。

SDGsの目標には社会全体に対する課題などが設定されているので、SDGsへの取り組みをすることで将来的な企業のリスクを回避することにも繋がるでしょう。

持続可能な企業を目指せる

SDGsへの取り組みは持続可能な社会を実現するための目標が設定されていることから、SDGsへの取り組み自体が持続可能な企業を実現するためには重要です。すべての取り組みは実現することは困難ですが、現在取り組むことができる目標から取り組んでいくことで持続可能な企業を目指すことができるでしょう。

新規ビジネスのきっかり作り

SDGsの市場規模は大きくなっていくと予測されていて、SDGsの市場の中でこれまでは関係がなかった分野などとも交流を持つことで新規ビジネスのきっかけ作りになります。また、SDGsの取り組みを積極的にすることで地域社会との繋がりを強化することにもなるので、新しい価値観の創出などにも繋がります。

 

金融業界のSDGsの事例

金融業界ではSDGsの取り組みを実際におこなっている企業がいくつかありますが、それぞれの事例について知ることはSDGsの取り組みをおこなうにあたって重要です。

金融業界のSDGsの事例について紹介していきます。

MUFG

MUFGではカーボンニュートラルに関する取り組みをおこなっており、将来的には脱炭素社会を実現するために2030年までにグルーブ全体でのカーボンニュートラルを目指しています。

名古屋銀行

名古屋銀行では取引先に製造業が多いことから、モノ作りの産業振興に関する事業に関して積極的な投資をおこなっていることが特徴です。これにより、取引先の持続可能な産業化を支援しているので、SDGsに対する貢献度は非常に高いといえるでしょう。

阿波銀行

阿波銀行では地元の清掃活動やボランティア活動に取り組むことで地域社会に大きな貢献をしています。他にもスポーツ大会の開催や文化振興の場を準備するなど地元が大きな進展ができるように支援をおこなっています。

 

 

金融機関のSDGs融資について

金融機関によってはSDGsに取り組んでいる企業に対しておこなうSDGs融資を取り扱っている金融機関が増えています。SDGs融資とは金融機関が独自に設定している融資商品のことであり、融資を受けるための条件自体は各金融機関によって異なっているので注意してください。

金融機関次第では従来の融資よりも金利が低く設定されていることもあるので、SDGs融資を積極的に活用することがおすすめです。

SDGs融資が増えつつある

金融機関でもSDGsに取り組んでいる金融機関が増えてきていることから、SDGsに取り組んでいる企業を支援する意識を高まっていることからSDGs融資は増えつつあります。SDGs融資は増えつつありますがすべての金融機関が実施しているわけではないので、取引金融機関が実施していない場合は他の金融機関に相談することが必要です。

SDGs融資の懸念点とは

SDGs融資の懸念点については理解しておかなければ、SDGs融資を受けた後に問題が発生する可能性も高いです。SDGs融資を受けることができれば事業をおこなっていくのに必要な手元資金が増えるので、本来であれば企業経営は安定することから無理のない融資を受けることは企業経営においては必要といえます。

しかし、融資について理解しておかなければ融資が原因で経営危機に陥ること自体は珍しくありません。SDGs融資の懸念点について紹介していきます。

返済しなければならない

SDGs融資はあくまでも融資のため返済義務が発生するので、借りる金額についてはしっかりと精査してから決定してください。返済は毎月行う必要があるので、本当にいま融資を受けるべきなのか、融資を受けて返済が問題なくできるのか、返済期間は適切なのかについてはしっかりと考える必要があります。

自分自身では判断が難しい場合には金融機関の融資担当者にアドバイスをもらうことをおすすめします。

成功が約束されているわけではない

SDGsに関連する事業を立ち上げたとしても成功するとは限らないので、SDGs融資を受けた場合でも事業結果としては振るわないことも珍しくありません。SDGs融資を受けることを考えた場合にはどのようにしてSDGs融資を受けて、どのようにしてSDGs事業をおこなっていくかを先に考えておくことが必要です。

事前計画をしっかりと立てることができれば、損失を防ぐことにも繋がります。

 

SDGsに関連した金融サービスの事例

SDGsに関連した金融サービスはさまざまなものが導入されていますが、どのような取り組みがされているかについてはあまり知られていません。実際にSDGsに関連した金融サービスの事例について理解することが企業経営に関しては重要です。SDGsに関連した金融サービスの事例について紹介していきます。

三井住友銀行

三井住友銀行ではSDGs評価融資/私募債をSDGsに関連した金融サービスとして展開しており、SDGsに取り組んでいる企業が対象となっている融資です。SDGsに取り組んでいる企業のSDGs活動評価をおこない、その結果に基づいて三井住友銀行が融資審査をして、審査が通れば融資実行になります。

千葉銀行

ちばぎんSDGsフレンズローンは千葉銀行がおこなっているSDGs融資です。ちばぎんSDGsフレンズローンはSDGs事業をまだしていない場合でも融資を受けることが可能であり、これからsdgs事業を展開していく計画がある場合にも融資を受けることができます。

愛知銀行

あいぎんSDGs・ESGローンは愛知銀行がおこなっているSDGs融資です。プランは全部で6種類あって、事業内容によってどれを選択するかを決定できます。

 

まとめ

金融業界ではSDGsに対する取り組みが積極的におこなわれているので、それに伴ってSDGs融資も活発的にしている金融機関が増えてきています。現在でもSDGsの認知度は高まってきており、SDGsに取り組んでいる企業も増加傾向にあることから将来的にはSDGsに取り組んでおくことでビジネスチャンスに繋がるともいえるでしょう。

持続可能な企業を目指すためにもSDGsに対する理解と取り組みはこれからの企業経営においては非常に重要です。取り組み自体はすべておこなうのは難しいので、できる目標から取り組むようにしましょう。

 

 

この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

SDGsカテゴリの最新記事