物流業界の2024年問題!求められる「物流最適化」具体的な取り組み方法や事例をご紹介!

物流業界の2024年問題!求められる「物流最適化」具体的な取り組み方法や事例をご紹介!

今、何が起こっている?物流最適化とは?解決に向かうためになにをするべきか今一度確認しよう!

昨今の物流業界に対する急激な需要拡大を受けて、物流最適化を求める声がとても大きくなっています。通販サイトが普及したことや交通網が発達したことにより、昔と比べて物流の重要性は格段に増しました。しかしその一方で、物流業界は悲鳴を上げています。今すぐにでも物流最適化を実現しなければ、物流業界が抱える課題はさらに深刻化していくことでしょう。

物流最適化がもたらす最大のメリットは、物流サービスの質を上げられる点です。物流とは一般的にプロダクトが生産者から消費者へと渡る流通全般を指しますが、物流最適化をしないと物流は滞るばかりです。しかも今後も物流業界への需要は拡大する見込みなので、できる限り早く手を打たないといけません。

物流最適化とは?


物流最適化とは、物流プロセスを改善し、物流の効率性を高めることによって、物流コストを削減し、サプライチェーン全体のパフォーマンスを向上させることを指します。

具体的には、物流最適化は以下のようなことを目指します。

在庫の最適化

在庫を最適に管理し、在庫レベルを最小限に抑えることで、ストックアウトを減らし、資本の効率性を高める。

運輸ルートの最適化

運送ルートを最適化し、距離や時間を短縮することで、運送コストを減らし、配送期間を短縮する。

ウェアハウス管理の最適化

ウェアハウスの効率を高め、商品の取り扱いや収容を効率化することで、在庫管理や出荷プロセスを迅速化し、生産性を向上する。

輸送モードの最適化

輸送手段を最適化し、船、飛行機、トラックなどの適切な輸送モードを選択することで、コストを削減し、配送効率を向上させる。

物流最適化は、企業のサプライチェーン全体に対して行われ、さまざまな工程に影響を与えます。これによって、サプライチェーンの調整を最適化することができ、企業の収益性や顧客サービスの向上につながります。

 

物流最適化が求められる背景には業界課題が潜んでいる!大きな問題点を徹底解説!

なぜ物流最適化が強く求められるかの答えは簡単です。なぜなら物流業界の背景に、さまざまな課題が潜んでいるからです。以前と比べて負担が重くなったドライバーは物流業界を去ってしまい、労働力不足が常態化しています。働き手がいないにもかかわらず、荷物は年々増え続けています。

まずこれらの業界課題について掘り下げてみましょう。

労働力不足が常態化

物流業界は、労働力不足が深刻な課題となっています。ドライバーや倉庫作業員などの職種において、適切な人材確保が困難となっています。このため、業界全体で働く労働者の負担が大きくなっており、労働環境の改善が求められています。

ドライバーは低収入で長時間労働を余儀なくされている

物流業界の中で、ドライバーは低収入で長時間労働を余儀なくされることがあります。また、長時間の運転による疲労やストレスによって、交通事故のリスクが高まるという問題もあります。このため、ドライバーの労働条件の改善が求められています。

年々増え続ける荷物

世界中の人々がネットショッピングやECサイトで商品を購入するようになったことで、物流業界では年々増え続ける荷物を処理する必要があります。この増加する荷物量に対応するために、物流の効率性を高める必要があります。

これらの課題に対応するために、物流最適化が求められています。物流最適化によって、労働者の負担を減らし、労働条件の改善、効率性の向上、そして物流コストの削減などを実現することができます。また、物流最適化によって、荷物量の増加にも対応できるようになります。

業界の課題を物流の最適化で解決!3つの押さえるべきポイントはコチラ!


物流業界の課題を速やかに解決するには、物流最適化が最も効果的です。今まであいまいにしていた様々なデータを可視化したり車両の配送ルートを最適化したりなどが、物流最適化の一例です。

物流最適化は、物流業界の課題を期待できる良策です。以下で物流最適化の具体例を紹介します。
物流の最適化において、以下の3つのポイントを押さえることが重要です。

各種データの可視化

物流最適化には、各種のデータを収集し、分析することが必要です。物流データを収集し、可視化することで、物流の効率性や問題点を把握することができます。また、データの可視化によって、作業者やドライバーなどの職種が、実際の状況を把握しやすくなるため、業務の改善につながります。

配送ルートの最適化

配送ルートを最適化することで、物流コストの削減や配送時間の短縮を実現することができます。配送ルートの最適化には、地理情報システム(GIS)を活用して、各地点間の最適な経路を導き出すことが重要です。また、実際に現地を調査し、道路の状況や渋滞状況などを踏まえた配送ルートの最適化も必要です。

関連記事

配送ルート最適化とは?物流クライシスの解消へ導く配送ルートの最適化の取り組み方法を大解剖!

人員配置・動態管理の最適化

物流業界では、人員の配置や動態管理が重要な課題となっています。労働力不足の中で、労働者の負担を減らすために、労働時間の短縮や作業の効率化が求められます。そのためには、人員の配置や動態管理を最適化することが必要です。作業員やドライバーなどの職種に合わせて、スケジュールやルートを最適化することで、作業効率の向上や労働者の負担軽減を実現することができます。

 

物流最適化に成功!大手企業の成功事例を具体的にご紹介!

以下に物流最適化に成功している大手企業の成功事例をいくつか紹介します。

Amazon

Amazonは、物流最適化において世界的に有名な企業の一つです。Amazonは、配送ルートの最適化を実現するために、自社開発の地理情報システムを利用しています。また、Amazonは、自動化された倉庫やドローンによる配送、配送ルートの最適化によって、顧客への迅速な配送を実現しています。

UPS

UPSは、物流最適化に力を入れている企業の一つで、配送ルートの最適化によって、CO2排出量の削減を実現しています。UPSは、自社開発のデータ解析システムを利用して、配送ルートの最適化を行い、配送効率の向上や燃料消費量の削減に成功しています。

Walmart

Walmartは、物流最適化においても世界的に有名な企業の一つです。Walmartは、自社開発のデータ分析プログラムを活用して、在庫管理や配送ルートの最適化を行い、配送コストの削減や配送時間の短縮を実現しています。また、Walmartは、自社倉庫と物流センターの位置を最適化することで、商品の配送距離を短縮し、配送効率の向上に成功しています。

Zara

Zaraは、ファッション産業における物流最適化に成功している企業の一つです。Zaraは、顧客ニーズの変化に迅速に対応するために、自社開発の物流システムを利用して、製品の生産・在庫・配送を最適化しています。また、Zaraは、生産工程を短縮することで、商品の入荷を早め、在庫管理を最適化しています。

 

大手物流会社以外でも「物流最適化」は可能!アイディオットが物流DXをサポート

前項で挙げた物流最適化の成功例は大手物流会社でしたが、それ以外でも物流最適化は可能です。たとえばAI技術に定評のあるアイディオットがそうです。アイディオットはそもそも物流会社というわけではありませんが、物流最適化に力を貸してくれる会社です。アイディオットの物流DXについて簡単に紹介します。

戦略立案から実行支援まで可能なアイディオット

アイディオットはこれまでの経験をもとに、物流DXの戦略立案から実行支援までサポートしてくれます。いざ物流DXに取り組もうとしても、何をどうすれば良いのかわからずに立ち止まってしまう会社は多いです。

アイディオットなら、物流DXの実現に向けて道筋を示してくれます。良きパートナーになってくれますので、物流DXに関して悩んでいる時に頼りになります。

データから未来を予測するサービス「ADT」で最適化を支援

アイディオットは、膨大なデータから少し先の未来を予測するサービスのADTで物流最適化を支援します。物流最適化を成功させるには、各種データが必要不可欠です。

それらのデータをもとに、人員計画シミュレーションや物流拠点戦略の最適化を実行します。また、AIを使った最適化にも期待できます。物流最適化に適したサービスです。

 

まとめ

今物流業界で強く求められている、物流最適化の具体的な取り組み方法や成功事例について紹介しました。労働力不足の常態化をはじめ、今の物流業界は多くの課題と向き合っています。物流最適化は、物流課題を解決させるための良策です。記事で紹介した通り、住友倉庫・東電物流・BIPROGYが 物流最適化を見事に成功させています。

ただ、物流最適化は大手物流会社以外でも可能です。たとえばアイディオットは、ADTで最適化を支援してくれる会社です。戦略立案から実行支援まで幅広くサポートしてくれますし、物流DXを検討しているならおすすめです。

 

サプライチェーンのDXをAI・デジタルツインなどの新技術で支援。カーボンニュートラルの実現に向けたCO2排出量の可視化・削減シミュレーションにも対応する物流特化のサービス。先ずは無料の資料請求から。
この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

物流・倉庫カテゴリの最新記事