Webサービスで新規事業立ち上げ!開発から収益化までの流れを解説!

Webサービスで新規事業立ち上げ!開発から収益化までの流れを解説!


皆さんは、Webサービスを使った新規事業の立ち上げについて考えたことはありますでしょうか?

近年では、あらゆるサービスのクラウド化が進み、Webサービスが広く普及しています。そんなWebサービスを提供するのは大企業だけだと思われがちですが、スタートアップのベンチャー企業が大成功をおさめるケースも決して珍しくありません。

とは言え、新規事業においてWebサービスをゼロから立ち上げることは簡単なことではありません。質の高いサービスを継続的に提供するためには、それに見合った“たくさんの準備”が必要となるのです。

今回は、そんなWebサービスでの新規事業の立ち上げについて、開発から収益化までの流れを解説していきたいと思います。

マッチングサイトの構築を今すぐご相談したい方はこちら

新サービスを立ち上げたい!イチ押しはWebサービス

今回のテーマでもあります『新規事業(新サービス)の立ち上げ』について言えば、現代では、“Web上でのサービス”をおすすめします。では、なぜ新規事業の立ち上げに、“Web上でのサービス”をお勧めするのか、理由を詳しく解説していきます。

全世界にアクセス可能

Webサービスを提供することで、世界中の人々がアクセスできるようになります。これにより、世界中の様々な地域で事業を展開することができます。

低コストでの開発・運用が可能

Webサービスは、オンライン上で提供されるため、物理的なインフラストラクチャーや店舗などが必要ありません。これにより、開発・運用コストが大幅に削減できます。

柔軟な機能追加・変更が可能

Webサービスは、オンライン上で提供されるため、機能追加・変更が柔軟に行えます。ユーザーのフィードバックやマーケットの変化に応じて、素早く対応することができます。

大量のデータを収集しやすい

Webサービスを提供することで、ユーザーから大量のデータを収集することができます。このデータを分析することで、ビジネス戦略の改善や新しいビジネスモデルの構築につなげることができます。

イノベーションにつながる

Webサービスは、技術の進化に対応する必要があります。そのため、常に新しい技術やアイデアを取り入れることで、イノベーションを促進することができます。

以上の理由から、新しいサービスを立ち上げる場合、Webサービスを提供することは非常に有効な方法であり、グローバルな市場に参入することができるため、ビジネスの成長につながります。

 

​Webサービスは儲かる?!マネタイズの方法と事前準備のポイントをご紹介!

マネタイズの方法

広告収入

Webサービス内に広告を掲載し、クリックや表示回数などに応じて収入を得る方法です。主に、Google AdSenseやAmazonアソシエイトなどのアフィリエイトプログラムを利用することが一般的です。

有料サブスクリプション

ユーザーに対して、有料のサブスクリプションプランを提供する方法です。サービスの利用には料金が必要で、定期的に支払われることが一般的です。例えば、NetflixやSpotifyなどが有名です。

アプリ内課金

アプリケーション内で提供される機能やコンテンツに対して、課金を行う方法です。主に、ゲームアプリなどで利用されています。

フリーミアム

基本的なサービスは無料で提供し、追加機能やコンテンツに対して有料を設定する方法です。主に、EvernoteやDropboxなどのクラウドサービスで利用されています。

マーケットプレイス

自社のプラットフォーム上で、他社の商品やサービスを販売する方法です。主に、AmazonやUber Eatsなどが有名です。

事前準備のポイント

ターゲットユーザーの明確化

サービスを提供する前に、どのようなターゲットユーザーを想定しているかを明確化し、そのニーズや課題を把握することが重要です。

競合分析

同じ分野で競合している企業やサービスを調査し、その強みや弱み、差別化ポイントなどを把握することが必要です。

MVPの開発

サービスの概要を示す最小限の機能を持つMVP(Minimum Viable Product)を開発し、ユーザーの反応やフィードバックを収集することが重要です。

ビジネスモデルの構築

どのようなマネタイズ方法を採用するかを検討し、収益化に向けた具体的なビジネスモデルを構築することが必要です。

 

0からのWebサービス立ち上げに最低限必要なものって?

0からWebサービスを立ち上げるためには、最低限以下のものが必要です。

アイデアやコンセプト

提供するサービスのアイデアやコンセプトが必要です。市場やターゲットユーザーのニーズや課題を把握し、それに応じたサービスを提供することが重要です。

開発スキル

Webサービスを開発するためには、Web開発の基本的なスキル(HTML、CSS、JavaScriptなど)が必要です。また、バックエンドの開発にはサーバーサイドの言語(Python、Ruby、PHPなど)のスキルが必要です。

デザインスキル

Webサイトやアプリケーションのデザインに関するスキルが必要です。ユーザーに使いやすく、視覚的に魅力的なUI(User Interface)を設計することが重要です。

クラウドサービス

Webサービスを公開するために、クラウドサービスを利用する必要があります。代表的なサービスとしては、AWSやGoogle Cloud Platform、Microsoft Azureなどがあります。

ドメインとホスティング

Webサービスを公開するためには、ドメイン名とホスティングサービスが必要です。ドメイン名は、ユーザーがアクセスする際に入力するURLの名前部分であり、ホスティングサービスはWebサービスのファイルやデータを保存するためのサーバーを提供します。

ビジネスモデル

Webサービスを収益化するためのビジネスモデルが必要です。前述したような広告収入や有料サブスクリプション、アプリ内課金、フリーミアム、マーケットプレイスなど、収益化方法について検討する必要があります。

マーケティング戦略

Webサービスを広く知らせるためのマーケティング戦略が必要です。SNSや検索エンジン広告、SEO対策、メールマーケティングなど、多様な手法を用いてユーザーを獲得することが重要です。

以上のように、Webサービスを立ち上げるためには、自分自身のスキルや予算に応じて、必要なものを確保することが重要になり。最初から完璧を求めて作り込もうとしても、時間の制約や現実的なこともあり、なかなか進展しません。

どんなコンテンツを始める?おすすめWebサービスって?

では、Webサービスを立ち上げるにあたり、『なんのためにどんなコンテンツにするのか』までを明確に策定したうえで、おすすめのサービスをご紹介させていただきます。

今、新しくサービスを立ち上げるのなら、急速な市場の拡大を見せている“マッチングサービス”をお勧めします。 最近ではテレビや電車広告でもマッチングサービスに関するものが特に増えてきている印象を受けます。

マッチングサービス

マッチングとは?

マッチングとは、二つ以上のものを合致させることや組み合わせることを指します。

例えば、人と人を結び付けることや、条件に合った物を選び出すことなどがあります。マッチングは、人間関係やビジネス、技術など様々な分野で利用されています。最近では、マッチングアプリやマッチングサイトなども多く存在し、人々の出会いやビジネスの機会を増やすために利用されています。また、人材紹介や就職活動などでもマッチングが重要な役割を果たしています。簡単に言えば、「合致させること」がマッチングの基本的な意味です。

マッチングサービスの市場規模

アプリ分析企業Sensor Towerによると、2020年にはTinderの収益が10億ドルを突破し、過去最高の年間収益を達成したと報告されています。また、同社のレポートによると、Tinderのユーザー数は2020年に3億人を突破し、過去最高の数値を記録したとされています。

オンラインデートに関するユーザーの意識や行動に関する調査も、マッチングサービス・アプリ市場の成長を支持するデータが多数あります。例えば、Pew Research Centerによると、2020年の米国の成人の約3分の1がオンラインデートを試みたことがあると報告されています。

以上のデータやレポートからも、マッチングサービス・アプリ市場が過去数年間に急速に成長してきたことが示されています。これは、デジタル化や社会の変化に伴って、人々が新しい出会いの形を求めていることを反映しています。また、今後も市場の成長が期待されていることから、今後の展望も非常に興味深いものとなっていると言えるでしょう。

マッチングサービスを始めるなら「MatchMen」が最適解?新規事業立ち上げならアイディオットにおまかせ

条件を揃えられれば儲かる可能性は大いにあるマッチングサービスですが、逆に人気のサービスでもありますので革新的なサービスを企画できたとしてもほかの人とかぶらないよう、迅速にリリースする必要があります。思いついたら即行動!今がチャンスです。

先述しましたがマッチングサービスのみならずすべてのビジネスのアイデアは早い者勝ちになります。最も重要なのは一定以上のクオリティを持ち、かつスピード感のあるリリースです。

マッチングサービスの立ち上げならMATCHMENの最速・最安リリースにおまかせ!

70以上のゼロイチ立ち上げの実績から蓄積された開発から収益化でのノウハウをたっぷり詰め込んだ委託サービスです。企画内容に合わせた丁寧なヒアリングを通してプラットフォームを一気通貫でスピーディに開発し実現することが可能です。お客様ごとに開発チームや制作・マーケティング担当者をカスタマイズし、最適なメンバーで最短距離のリリースを共に目指すことができます。

アイデアはあるけれどシステムの立ち上げ経験がない?収益化についていまいちピンとこない?

問題ありません、私たちにおまかせください!お客様のビジネス領域の理解に始まりマッチングサービスの収益化のアイデア出し、コンサルティング、実行支援の領域まで幅広く隅々までカバーしています。

 

マッチングサービスの開発ならMatchMen
マッチングサイト・アプリに必要な機能を詰め込んだパッケージサービス。

 

まとめ

今回は新規事業の立ち上げについて、Web上でのサービスがおすすめだという事に合わせて、その中でも市場拡大を見せている“マッチングサービス”が特におすすめだという点についてご紹介させていただきました。

また、これら新規事業の立ち上げについては、成果を得るために全体像を明確に策定する必要があるという事、つまり、『なんのためにどんなコンテンツにするのか』という部分について、しっかりと準備をしていく必要がある点も併せてお伝えさせていただきました。

私たちの製品「マッチメン」は、このマッチングサービス市場での成功をサポートするツールとして設計されております。効果的なマッチングを追求する企業様の強力なパートナーとして、ご活用いただけますと幸いです。

最後になりますが、新規事業の立ち上げに際しまして、本記事が少しでも参考になれば幸いです。 最後まで、お読みいただき、ありがとうございました!

MATCHMEN-マッチメンについて詳しく知る>>

人と人、人とモノ(案件)などを結び付けるマッチングプラットフォームの立ち上げて、効率良く収益化するためのノウハウをレクチャー!日本最大級の開発実績から導いた成功の秘訣を分かりやすく解説します。サービスの立ち上げからグロースまでお悩みの方はぜひ資料を無料ダウンロードくださいませ。 
【支援企業】
・トヨタ自動車株式会社
・阪急阪神ホールディングス
・株式会社エイチ・アイ・エス「トヨタ自動車」の新規事業立ち上げにアイディオットのMATCHMENを活用
この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

マッチングカテゴリの最新記事