マッチングサービスのビジネスモデルとは?収益化・マネタイズ方法を併せて徹底解説!

マッチングサービスのビジネスモデルとは?収益化・マネタイズ方法を併せて徹底解説!

現在、マッチング市場の規模は2兆円を超えており、市場は拡大を続けています。

ここでのマッチングには、結婚などの恋愛マッチングだけでなく、フリーマーケットサイト、クラウドソーシング、宅配サービスなども含まれます。私たちの日常生活には、そのようなマッチングサービスがたくさんあります。

今回は、マッチングビジネスを始めようとしている方のために、マッチングビジネスを成功させるための秘訣とビジネスモデルをご紹介します。

 

マッチングサイトとは?

マッチングサイトとは、管理側がユーザーを管理し、マッチングするサイトです。

マッチングサイトの利用目的は、サービス、商品、人を効率的に検索することを目的としています。条件やキーワードを指定することで、必要なサービスや物、ヒトを簡単に見つけられます。

求人サイトやビジネスマッチングサイトは、人を見つける一つの事例です。企業や個人がビジネスパートナーを見つけるためのサービスも、マッチングサイトとも呼ばれます。

また、仕入れや店舗が不要なので比較的低リスクでビジネスをスタートさせることが可能です。すでにあるスキルやモノを共有するシェアリングエコノミーとも親和性が高く、SDGsへの貢献効果があり魅力のあるビジネスです。

マッチングサイトのマネタイズ方法は?4大収益方法をご紹介!

マッチング事業には最も有名な4つのマネタイズ方法があります。特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

月額掲載料

月額掲載料は、マッチングの有無にかかわらず、Web掲載時に料金を受け取る仕組みです。月次課金方式を採用することで、安定した利益を得ることができます。
一方、「投稿だけで料金が発生する」というシステムは利用者にとって使いづらく、無料試用期間を設けるなど、登録までハードルを下げるなど工夫が必要です。

仲介手数料

仲介手数料方式は、マッチングが確立されたときに報酬を受け取る仕組みです。マッチングビジネスの多くは、この成果報酬型タイプを採用しています。マッチングが成立するまでは利用者側の費用がかからないため、サービス自体の利用者数を増やしやすいことは大きなメリットです。

一方で、マッチングがされないと収益が出ないため、初期の段階では手出しが必要なビジネスモデルです。

広告収入

広告収入は、サイトに広告を表示することで収益を上げるビジネスモデルです。
テキスト広告やバナー広告などのサイトに合わせて選択することができ、すぐ提供できるのがメリットです。

しかし、広告収入をマッチングビジネスの主要なビジネスモデルにすることは現実的ではありません。それは、収入を生み出すために膨大なアクセス数を必要とするからです。利用者数が増加してから導入したいマネタイズ方法です。

オプション料金

オプション料金は、サイトサービスに追加オプションを提供し報酬を得るモデルです。月額課金制の場合は、料金プランの設定など、ご利用のサービスに応じたオプションを用意できます。さまざまなオプションを用意することで、利用者の範囲を広げることができますが、一方でオプションの内容や料金の管理が煩雑になるというデメリットもあります。

大手マッチングサイトの収益モデルをパターン別に解説!

それではマッチングサイトの収益モデルの種類と実際に利用している事例を紹介します。マッチングサイトがどのようにお金を稼いでいるか、実例をもとに基本を理解しましょう。

月額掲載料モデルタイプ

最近、サブスクリプションタイプのマッチングサイトの数が増えています。ここでは月額掲載料モデルタイプの3つの事例を紹介します。

秘書マッチングのアイスタッフ

秘書マッチングサービスを展開するアイスタッフは、さまざまな事務作業を依頼できるオンライン代行サービスです。秘書業務に加えて、経理や営業のアシスタントを依頼できます。秘書マッチングアイスタッフは月額4万円の定額モデルが特徴です。

一見利用料が高いように見えますが、在籍しているスタッフはかなり優秀で、質も高く、料金に見合った結果が得られます。

CONET-コネット

CONET-コネットはアルバイトマッチングアプリです。他サイトと違い、定額制求人広告を導入しています。UIも直感的に操作しやすいデザインで双方の利用者に高評価なようです。
初期費用・掲載料・解約手数料は無料で、応募者とのチャットやスカウトメッセージの送信などが可能になるプレミア機能を利用すると月額3480円~となります。

サブスクリプション型サービスなら、他の求人サイトよりもコストを抑えて効率よく採用活動できます。

比較ビズ

比較ビズは、仕事を依頼したい人と受注したい人をつなぐ総合的なビジネスマッチングサービスです。ホームページ作成や税理士など、あらゆる仕事のプロとのマッチングが可能です。専門家を詳細な条件と比較できます。個別見積の見ならず一括見積りができるため手間がかかりません。

比較ビズは月額15180円の出展者広告料(掲載料)で運営しています。

 

売買手数料モデルタイプ

売買手数料モデルユーザー間の取引の手数料で事業を行うマッチングサイトです。事例としては下記2つをあげます。これらは契約時に、契約料金の数パーセントが手数料として請求されます。

メルカリ

メルカリは、不要品販売を誰でもできる電子版フリーマーケットサービスです。あなたは簡単に商品を掲示し、買い手を待つことができます。シェアリングエコノミーが注目を集めているこの時代にこれらのフリマアプリの需要は増加しています。

メルカリの手数料は売り上げの10%で、売り手から手数料を受け取ることになっています。また、売上金を現金化せずにそのまま利用できるようなシステムを利用しているため、現金にするための手数料が発生しないお得感のある仕組みの構築に成功しました。

クラウドワークス

クラウドワークスは、他の人に仕事を依頼できるクラウドソーシングサービスです。会社のちょっとした雑用からシステム開発まで幅広くリクエストできる点でビジネススキルのマッチングの中でとても知名度の高いサービスになりました。また、クラウドワークスを使用することで、簡単に副業を行えます。

クラウドワークスは、仕事の請負業者から手数料を受け取ります。料金は契約金額により異なりますが、最高料金は20%です。

成果報酬モデルタイプ

次は成果報酬型のマッチングサイトです。次に紹介する2つのサービスが典型的なタイプです。

特に、多くの現場は成果報酬型です。使用料は、新規採用時に支払いとなります。ユーザー側は、結果がない限り無料で利用できるため、簡単に登録できます。

一方サービス事業者としては、手数料対象が少ないため、パイを大きくする必要があります。

Green

グリーンはベンチャー企業向け求人サイトです。人材を雇用した場合において、料金が発生します。採用までは無料で利用できるので、採用費用が少ないベンチャー企業にはうれしいサービスです。また、グリーンにはレコメンド機能があり、IT業界最大数の求人数を誇っているため、転職したいユーザーにもマッチした会社を見つけやすくなっています。

また、スカウト機能があり、企業からのスカウトメールが届きます。

Web幹事

Web幹事はホームページ制作について相談できるサイトです。作成したウェブサイトの内容を確認し、担当者が最適な制作会社を紹介します。専門家が制作会社を選ぶので、自分で選ぶよりも、よりよい会社に出会いやすくなっています。また、中間にWeb幹事を挟んでのやりとりになるので不要な営業やトラブルなどの仲裁を受け持ってもらえます。

Web幹事も成功報酬タイプであるため、ユーザーが制作会社に依頼する際に使用料が請求されますが、何度でも無料相談を行えるので気に入った制作会社と成約を結ぶことができます。

広告収入

掲載料無料、広告収入で収入を得るマッチングサイトもあります。代表的なサイトは以下のとおりです。

広告収入タイプは、ユーザーにとっては利用料が全額無料になるので、資金力のないベンチャー企業や個人事業主でも利用しやすくなっています。

ジモティー

ジモティーは、求人や中古品販売に関する情報を投稿できる掲示板です。

広告料や使用料は発生しません。そのため、採用にお金をかけたくない企業におすすめの採用サイトと言えます。実際ジモティーには、フルタイムの従業員採用だけでなく、パートタイムの仕事も多くの求人があります。

ここがねらい目!マッチングサイト構築の成功のポイント

マッチングサイトで利益を上げるためには、ポイントを押さえておくことが重要です。ここでは、成功の3つのポイントについて説明します。

集客力

第一のポイントは、集客の仕組みに注力することです。マッチングサイトは需要と供給の2つがあるので、両方共集客する必要があります。ただし、最初からバランスよく集客することは非常に難しいので、まずはどちらか一方に注力しましょう。

尚、供給側の集客をリードすれば成功しやすいと一般的に言われています。その理由は、提供できるものを提示する方が需要側にとってより説得力があるからです。

このように、サイトが自動的に運営されるまでは、集客に注力しましょう。最終的な目標は需要と供給のバランスを取ることです。

ニッチマーケット

2つ目のポイントは、新しいマッチングサイトを開始する際に慎重に市場を選択することです。主に多くの企業や個人が参入する可能性が低いニッチ市場をターゲットにすることが重要です。

最初は小さな市場でも、ニッチ市場でトップになれる領域を探しましょう。規模が小さいほど、失敗のリスクが低くなり、軌道の修正が容易になります。

ニッチ市場から始めて、水平展開し、市場を拡大することをお勧めします。その際、「TAMを検討する」ことをお勧めします。

「TAM」は「Total Address Market」の略で、市場で得られるすべての需要を指します。例えば、渋谷区で始まった小さな市場を東京から関東、そして全国に拡大することも可能となります

市場新規性

3つ目のポイントは、細部にまで気を配りながらマッチングサイトを構築することです。事業の基本は、それを使用する顧客に長期間使用してもらえることです。すべてのパターンを想定して、必要機能を充実させましょう。

ただし、予算のバランスがあるため、最小限の機能でパイロット版を作成し、ターゲットユーザーに確認してもらいながら使用してもらうことをおすすめします。本格的な運用開始までに、あらゆる角度からサイトを検証し、ユーザーが使いやすいサイトを目指しましょう。

マッチングサービスのビジネスを始めるならアイディオットにおまかせ!

いまだ成長速度の緩まないマッチングサービスの波ですが、スタートアップするなら今がチャンスです。ビジネスのアイデアは早い者勝ちになるのでスピード感のあるリリースが重要になってきます。

マッチングサービスの立ち上げならMACHMENの最速・最安リリースで他サービスと差をつけよう

70以上のゼロイチ立ち上げの実績から蓄積された開発から収益化でのノウハウをたっぷり詰め込んだ委託サービスです。企画内容に合わせてプラットフォームを一気通貫でスピーディに開発し実現することが可能です。

「アイデアはあるけど、システムの立ち上げ経験がない」?問題ありません。ビジネス領域の理解からマッチングサービスの収益化のアイデア出し、コンサルティング、実行支援の領域まで幅広くカバー。

お客様ごとに開発チームや制作・マーケティング担当者をカスタムし、最適なメンバーで最短距離のリリースを共に目指すことができます。

まとめ

この記事では、マッチングサイトにおける4つのマネタイズ方法について説明しました。

マッチングサイトがどのように収益を上げているかをご理解いただけたのではないでしょうか?マッチングサイト市場は年々成長しており、さまざまなサービスが登場しています。その結果、ユーザーは、どのサービスを使用するか選択肢の多さに疲弊しています。

新たにマッチングサイトを開発する際には、収益モデルを変更することで、他社との差別化を図り新しいビジネスとしてユーザーの心を惹きつけるようなマッチングサービスになるように検討してみてください。

新しいマッチングサイトを運営したい場合は、ぜひこちらの記事を参考にマネタイズ方法をご検討ください。

 

 

人と人、人とモノ(案件)などを結び付けるマッチングプラットフォームの立ち上げて、効率良く収益化するためのノウハウをレクチャー!日本最大級の開発実績から導いた成功の秘訣を分かりやすく解説します。サービスの立ち上げからグロースまでお悩みの方はぜひ資料を無料ダウンロードくださいませ。

【支援企業】
・トヨタ自動車株式会社
・阪急阪神ホールディングス
・株式会社エイチ・アイ・エス

「トヨタ自動車」の新規事業立ち上げにアイディオットのMATCHMENを活用

この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

マッチングカテゴリの最新記事