【2024年最新版】新規マッチングサービス立ち上げのヒントに!事例から見るマッチングサービス5選

【2024年最新版】新規マッチングサービス立ち上げのヒントに!事例から見るマッチングサービス5選

新規でマッチングサービスを立ち上げたい

新規でマッチングサービスを立ち上げたいと思った時に、まず考えるべき重要なポイントをご紹介いたします。

1、市場のニーズとターゲットオーディエンスの理解

2024年においても、ニッチ市場や特定のユーザー層に特化したサービスが成功の鍵を握ります。

 

2、競合分析と差別化

現在は、マッチングサービスの普及が多くなっています。まずは競合分析を行い差別化できる機能を作ることが大切です。

 

3、セキュリティ対策とプライバシー保護

マッチングサービスの立ち上げで1番大切な項目で、ユーザーの信頼を築くために必要不可欠になります。

 

これらのステップを踏むことで、顧客満足度の高いマッチングサービスの実現が可能になります。

 

マッチングサービスの立ち上げについて今すぐご相談したい方はこちら

マッチングサイトのビジネスモデルとは

マッチングサイトのビジネスモデルは多様で、それぞれが異なる収益源に依存します。主なモデルには、掲載料モデル、成果報酬型モデル、広告モデルがあります。

それぞれのメリット・デメリットとともに解説します。

 

掲載料モデル

ユーザーからの定期的な支払いを収益の源とします。マッチングの成立・不成立に関係なく、サービス掲載時に掲載料を受け取ることができます。月額課金制とすることで安定した収益が見込めますが、掲載だけで料金が発生するため、利用者がつきづらいことがデメリットです。

 

成果報酬型モデル

マッチングが成立した時に報酬を受け取ることで収益を上げます。利用者側はマッチングが成立するまで費用が一切かからないため、サービス自体の利用者は増やしやすいですが、運営者はマッチングが成立しないと利益がでないことがデメリットです。

 

広告モデル

サイト内に広告を表示して、広告収入を得ます。

テキスト広告やバナー広告などサイトに合わせて選ぶことが可能で、すぐに導入できますが、アクセス数がかなりないと収益を上げることはできません。

 

2024年の最新トレンドでは、これらのモデルを組み合わせたハイブリッドアプローチが注目されており、ユーザーにとって価値の高いサービスを提供することが重要です。

アイデアたくさん!ユニークなマッチングサービス5選

ストアカ

専門スキルを持つ人と学びたい人を繋ぐサービス。さまざまな専門スキルを持つ人々がオンラインまたは対面でワークショップや講座を提供します。

参加者は、プログラミング、WEBデザイン、ヨガ、料理、メイクなど幅広いジャンルから講座を選ぶことが可能です。1回からレッスンを予約できるため、気軽に始めることができます。

 

ポケットマルシェ

地元の農家や生産者と消費者を直接繋ぐサービス。ポケットマルシェは、地元の農家や生産者が直接消費者に自分たちの作った農産物や加工品を販売できるプラットフォームです。

消費者はアプリやウェブサイトを通じて、全国の農家から新鮮な食材を購入することができ、生産者との直接的なコミュニケーションを通じて、商品の詳細や生産背景を知ることが可能です。このサービスは、地域経済の活性化と持続可能な食の消費をサポートしています。

 

日本ペットシッターズ

ペットの世話が必要な飼い主と、信頼できるペットシッターや動物のトレーナーを繋ぐサービス。利用者は自宅に来てもらうシッティングサービスや、ペットを預かってもらうホスティングサービスを選ぶことができ、ペットシッターは自分のスキルや経験に基づいて仕事を見つけることが可能です

東京、関西を中心に北海道、九州、沖縄まで、全国126店舗のチェーン展開をしていて毎日350名を超えるペットシッターがお世話をしているので、急用時の利用にも最適です。

 

ランサーズ

個人や企業とフリーランスをプロジェクトベースで繋ぐサービス。ウェブデザイン、プログラミング、ライティング、グラフィックデザイン、デジタルマーケティングなど、多岐にわたるカテゴリーが提供されています。

利用者はプロジェクトの要件に応じて適切なフリーランサーを探し、契約することができます。

 

まちスク®

凸版印刷株式会社が開発した、学校と地域をつなぐ教育支援マッチングサービス。学校側が職場体験、キャリア授業、地域課題解決型授業などの教育支援ニーズを、一方で地域企業や団体・個人などが提供可能なノウハウや施設などの支援内容を、それぞれWebアプリに登録し、教育支援マッチングを行います。

地域と連携した教育支援における教員・自治体職員の業務負荷の軽減や、将来的なUターン・Jターン就職による地域雇用の増加・地域産業の活性化が期待できます。

マッチングサイト開発時のポイントは?3大開発方法をご紹介!

2024年に向けて新規マッチングサービスを開発する際には、特に重要な3つの開発ポイントがあります。

ユーザー中心設計(User-Centric Design)

製品やサービスの開発過程においてユーザーのニーズと経験を最優先に考慮するアプローチです。この設計手法は、ユーザーが本当に求めているものを理解し、それに応じた機能やデザインを提供することを目指します。

 

AIの活用

AI(人工知能)を活用した推薦エンジンは、利用者の過去の行動、好み、相互作用のデータを分析し、個々のユーザーに最適なマッチを提案することができます。

たとえば、ユーザーが過去に関心を示したプロフィールや、類似のユーザーが好む選択肢を基に推薦を行うことで、よりパーソナライズされた体験を提供します。この技術は、データの大規模な分析と学習に基づいており、時間とともに精度が向上します。

 

スケーラビリティ

システム、ネットワーク、またはプロセスが要求や負荷の増加に効果的に対応できる能力を指します。

具体的には、ユーザー数の増加、トランザクションの増加、データ量の増加など、異なる要因による負荷の変動に応じて、リソース(サーバー容量、データベース能力など)を適切に拡張または縮小することができます。

これらのポイントを押さえることで、市場において競争力のあるマッチングサービスを立ち上げることが可能になるでしょう。

マッチングサービスを立ち上げるならアイディオット

弊社では、マッチングサービス開発を行っており、新規立ち上げ、部分的なご支援など様々な形でサポートし、お客様のご要望やニーズに応じた対応が可能です。

人気のAI機能もあり、様々な業界に特化したマッチングサービスを立ち上げる際の最適なパッケージをご提供することを約束いたします。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

本記事では2024年トレンドのマッチングサービスについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

弊社では、DXに精通したメンバーが揃っており、マッチングサービスの開発、サプライチェーン全体最適化、データ基盤の構築、DX支援、ソフトウェアの開発などを行っております。気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

 

新たにシェアリングエコノミーのサービスをご検討の際には、アイディオットの製品「マッチメン」をご利用ください。
マッチメンは、業界最先端のマッチングアルゴリズムを搭載し、ユーザーのニーズに合わせた最適なマッチングを提供します。新しいシェアリングエコノミーサイトを運営したい場合は、ぜひこの記事と「マッチメン」の組み合わせで、成功の道を歩んでみてください。

この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

マッチングカテゴリの最新記事