DP2

データマッチング

 

DP2

データマッチング

企業が自社でのAI開発に必要な「データ収集」と「データ前処理の支援」をセットにしたサービスで、眠っているデータを所有する企業(販売者)と、データを利用したい企業(購入者)、データサイエンティスト(AIエンジニア)の3者のマッチングを目的とした日本初のサービスです。
AI開発をする際にまず行うべき「データ取得先の選定」と、その「収集」を企業が独自に行うのは非常に手間がかかるとされています。しかし、このプラットフォーム(DP2)を利用すれば、一覧の中から「欲しいデータ」を選んで購入ができ、圧倒的な作業の効率化と新しいデータとの出会いが見込めます。あわせて、データサイエンティストとのマッチングを行うことで、「購入データの整形」や、「利用シーンのアドバイス」も提供いたします。一方で、販売を検討しているデータ所有企業にとっては、手持ちの「既存データの売上化」を可能にしました。
特 徴
  • 経済産業省との連携

    パブリックデータや国が取得しているデータを加工して利用しやすいようにします。

  • 100企業以上のデータ

    マーケティング会社、リサーチ会社をはじめ、流通することの少ない事業会社のデータも多く保有しています。

  • メタ(統合)データ

    一データでは価値のないようなものを他データと組み合わせることで何倍もの価値を発揮することができます。

活用事例
  • AIモデルの開発に利用

    自社でAIを作ろうと思った時、問題になるのがデータ不足です。そんな問題を解決します。

  • マーケティングに活用

    事業戦略を考える上での意思決定としてのデータ活用をする際などにご活用いただけます。

  • 営業リスト・ 広告としての利用

    購入したデータを利用した営業活動や、データの間接利用による広告など。

  • リサーチ・アンケートなどでの利用

    他社が所有しているデータを間接的に利用することが可能です。

全ポジションで積極採用中!
東京・大阪・中国

採用情報を見る >

全ポジションで積極採用中!
東京・大阪・中国

採用情報を見る