2023年プラットフォーム企業はどうなる?代表企業やメリット・デメリットを徹底解説!

2023年プラットフォーム企業はどうなる?代表企業やメリット・デメリットを徹底解説!

さまざまな商材を取引する「場所」をインターネット上に提供している「プラットフォーム企業」。その中には誰もが名前を知っている大企業もあります。

しかし、それらの企業が具体的にどのような事業を展開しているかを知る人は、そう多くないかもしれません。

そこで今回は『プラットフォーム企業が拡大する理由』や『プラットフォーム企業の具体例』について解説していきます。また、プラットフォーム企業が抱えるメリットやデメリットも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

プラットフォーム企業とは?企業が求められる背景も合わせて解説

プラットフォーム企業とは?


プラットフォーム企業とは、他の企業や個人が自らの製品やサービスを提供できる共有のインフラストラクチャを提供する企業のことです。例えば、Uberは運転手と利用者をつなぐプラットフォームを提供しており、Airbnbは宿泊施設を提供するプラットフォームを提供しています。
プラットフォーム企業が求められる背景には、何があるのでしょうか。

プラットフォーム企業が求められる背景とは?

プラットフォーム企業が求められる背景には、以下のような要因があります。

ネットワーク効果

プラットフォーム企業が提供するサービスが利用されることで、より多くのユーザーや提供者が集まり、より多くの価値を提供できるようになります。このようなネットワーク効果により、プラットフォーム企業は競合他社に比べて優位な立場を築くことができます。

データ収集・分析

プラットフォーム企業は、自社が提供するサービスに関する大量のデータを収集することができます。このデータを分析することで、ユーザーのニーズやトレンドを把握し、サービスの改善や新たなビジネスモデルの開発に役立てることができます。

顧客の中心に立ったサービス提供

プラットフォーム企業は、自社が提供するサービスに関するフィードバックやレビューを集めることができます。これにより、ユーザーのニーズに応えるサービスを提供することができ、顧客満足度を高めることができます。

ビジネスモデルの柔軟性

プラットフォーム企業は、自社のインフラストラクチャを活用して、様々な製品やサービスを提供することができます。この柔軟性により、市場の変化に柔軟に対応することができます。
以上のような背景から、プラットフォーム企業は現代のビジネスにおいて非常に重要な役割を果たしています。

 

FAGAを再確認!プラットフォーム企業の例


ここでは、プラットフォーム企業の例を紹介します。誰もが知っている大企業がどのようにプラットフォーム事業を展開しているのか、詳しく見ていきましょう。

Google

Googleは、検索エンジンやGmail、Google Maps、Googleドキュメントなど、多様なサービスを提供するプラットフォーム企業です。Googleは、検索結果の質を高めるために、大量のデータを収集しており、これを利用して広告事業を展開しています。

Facebook

Facebookは、ソーシャルメディアプラットフォームとして知られています。Facebookは、世界中の人々が簡単にコミュニケーションを取れるようにすることを目的としています。Facebookは、広告収入によって利益を得ています。

Amazon

Amazonは、オンラインショッピングサイトとして始まりましたが、現在はAWSやKindleなど、多様なサービスを提供するプラットフォーム企業です。Amazonは、世界中の小売業者にオンライン上で商品を販売する場を提供し、自社の製品を販売するだけでなく、第三者製品を販売することでも利益を上げています。

Apple

Appleは、ハードウェア、ソフトウェア、アプリケーション、ストリーミングサービス、デジタルコンテンツなど、幅広い製品とサービスを提供するプラットフォーム企業です。Appleは、自社の製品を販売するだけでなく、アプリストアやiTunesストアなどを通じて、第三者が開発した製品やコンテンツも販売しています。

Uber

Uberは、運転手と利用者をつなぐライドシェアプラットフォームです。Uberは、ドライバーに車両を所有する必要がないことを売りにし、世界中で急速に普及しました。Uberは、手数料や広告収入を通じて利益を上げています。

多角から考える。プラットフォーム企業が抱えるメリット・デメリット!

続いて、プラットフォーム企業が抱えるメリットやデメリットについて解説していきます。プラットフォーム企業が内包するメリットやデメリットをしっかり理解することは、事業の成長や拡大を考える上で非常に役立ちます。

では、詳しく見ていきましょう。

メリット

ネットワーク効果

プラットフォーム企業は、利用者が増えることで提供するサービスの価値が高まり、新たな利用者を獲得するというネットワーク効果があります。

規模の大きさ

プラットフォーム企業は、規模の大きさが大きなメリットとなります。大量のデータやリソースを持っているため、競合他社よりも高度な技術やサービスを提供することができます。

多様なサービス提供

プラットフォーム企業は、多様なサービスを提供することができます。それによって、利用者のニーズに応え、市場を広げることができます。

デメリット

独占禁止法に違反する可能性

プラットフォーム企業が市場の独占を図った場合、競合他社に対する不公正な取引行為に該当することがあります。そのため、独占禁止法に違反する可能性があるため、企業は自己規制や政府規制に配慮する必要があります。

データのプライバシー問題

プラットフォーム企業は大量の個人情報を収集しており、個人情報保護法に違反する可能性があることから、ユーザーのプライバシー問題に対処する必要があります。

搾取問題

プラットフォーム企業は、利用者や提供者から手数料を徴収することがあります。しかし、手数料が高額すぎる場合、搾取問題が生じる可能性があります。そのため、企業は手数料の適正化に努める必要があります。

 

これらのデメリットをしっかり意識しておかないと、信頼を失って事業を継続できなくなる危険性があります。それを防ぐには、次章で紹介するような「プラットフォーム事業をサポートしてくれる会社」の利用も非常に有効です。

 

プラットフォームサービスの開発・立ち上げならアイディオットにお任せください!

ここでは、プラットフォーム事業を考えている企業や個人の強力なパートナーとなり得る『アイディオット(Aidiot)』を紹介します。中でも、アイディオットが立ち上げているサービス『MATCHMEN』は、プラットフォーム事業のデメリットの解消にとても有効です。

では、詳しく見ていきましょう。

戦略立案から実行支援まで可能なAidiot

Aidiotは、井上智喜氏を代表取締役社長として、2014年に設立されました。

「低価格・豊富なツール・豊富なデータ」を武器として「データで社会課題を解決する」ことをモットーとしています。情報過多や多様化するニーズなど、激しく変化する社会環境への対応を掲げ、ビジネスとして結果の出せる会社を目指しているのです。

以下がAidiotの主な事業内容です。

ビッグデータの作成・収集・流通、そして分析
AIによるアルゴリズムを利用したコンサルティング
ソフトウエアの開発と運用、そして保守

では次に、Aidiotのサービスのひとつである『MATCHMEN』を紹介します。

プラットフォーム・マッチングサービスの立ち上げならMATCHMEN

『MATCHMEN』は、「人と人」、「人とモノ」をつないで、収益をあげるマッチングプラットフォームの開発から収益化までを目指すサービスです。

Aidiotには、MATCHMENの有用性を裏打ちする、多種多様な業界における70以上の開発実績があります。また、ビッグデータを利用することで、精度の高いコンサルティングも可能としています。

『MATCHMEN』には、以下の3つのプランがあります。

開発プラン:新規アイディアを形にしたい方や、仮説を検証したい方におすすめのプラン

収益化プラン:新技術などを活用して、既存のサービスを底上げするためのプラン

AI(人工知能)プラン:企画段階の企業におすすめの、開発から収益化までを目指したプラン

『MATCHMEN』を利用することで、プラットフォーム事業のデメリットを解消し、メリットを最大限に生かすことが可能となっています。少しでも興味を持った方は、以下のサイトURLからぜひ詳細をチェックしてみてください。
マッチングサービスの開発ならMatchMen
マッチングサイト・アプリに必要な機能を詰め込んだパッケージサービス。

 

まとめ

今回は、拡大するプラットフォーム企業にはどのようなものがあるのか、実際の企業を例に紹介しました。また、プラットフォーム企業が抱えるメリットやデメリットについても解説しています。 プラットフォーム事業は、インターネットの拡大とともにこれからますます需要が高まっていくでしょう。

プラットフォーム事業の立ち上げや拡大させる戦略にお悩みの方は、『アイディオット(Aidiot)』の利用も検討してみてはいかがでしょうか。『アイディオット』は、独自の技術と専門家チームで、プラットフォームの成功を追求するお手伝いをいたします。効果的な戦略と実践的なサポートで、あなたのビジネスの拡大をサポートします。

MATCHMEN-マッチメンについて詳しく知る>>

 

新規事業における0.3%の壁。限りなく成功確率が低い新規事業の成功確率を高められるのか、株式会社アイディオットが自治体・官公庁、日本を代表する大手企業の事業立ち上げを支援することで、気づいた新規事業を創出し実行するために必要な条件・ノウハウをレクチャーします。新規事業でお悩みの方はぜひ資料を無料ダウンロードくださいませ。【支援企業】
・トヨタ自動車株式会社
・阪急阪神ホールディングス
・株式会社エイチ・アイ・エス「トヨタ自動車」の新規事業立ち上げにアイディオットのMATCHMENを活用
この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

新規事業カテゴリの最新記事