隙間に差し込め!ニッチ戦略で新規事業を立ち上げる!ニッチ市場を攻めるメリット・デメリット・考え方をご紹介!

隙間に差し込め!ニッチ戦略で新規事業を立ち上げる!ニッチ市場を攻めるメリット・デメリット・考え方をご紹介!

ニッチ市場は隙間市場とも呼ばれる、比較的規模の小さい市場のことです。真逆のマス市場と比べ、ニーズが限定されている点も特徴的です。つまり、一般の需要に対して供給される商品やサービスではなく、特殊な需要に対して供給される商品やサービスがニッチ市場を構成しています。

マス市場は大企業が占めていることが珍しくないため、他企業はそう簡単には参入できません。一方のニッチ市場は、大企業の手が届いていない場合があります。参入障壁が低いのが、ニッチ市場の魅力です。

新規事業の成功確率を最大化!事業開発メソッドを見る

新規事業でニッチ市場を攻める3大メリットを考察!

新規事業でニッチ市場を攻めることには、収益率・競合・価格競争といった主に3つのメリットがあります。3つのメリットについて簡単に解説します。

高い収益率を出せる

ニッチ市場は必ずしも大企業がシェアを占めているわけではないため、狙い通りに商品やサービスがヒットすればシェアを独占することも夢ではありません。顧客を一気に獲得できるケースがあります。

たとえば学生服のリユース・ドライヘッドスパ・カセットテープなどがニッチ市場に進出して成功した事例です。これらのサービスや商品は決してメジャーではありませんが、ニーズがまったくないわけではありません。顧客の潜在的なニーズを発掘し、一定数の顧客を獲得しています。このようにニッチ市場のシェアを独占できれば、高い収益率を出せます。

競合が弱い

多くの企業が参入してシェアを奪い合うマス市場は、新規事業で攻めても失敗に終わりやすいです。なぜなら競合が多くて強いため、よほどインパクトのある新規事業でなければ勝てないからです。

一方のニッチ市場はそもそも競合がいないこともありますし、いたとしても少ないことがほとんどです。競合が弱いなら十分勝負になるのはもちろん、そもそも競争しないことを期待できます。無理に競争すればお互いに消耗して共倒れになるケースもありますが、ニッチ市場ならそうなってしまうのを避けられます。

価格競争が少ない

お互いの利益が目減りする価格競争は、ともすればチキンレースになりがちです。仮に限界まで価格を下げてシェアを奪えても、利益が雀の涙では労多くして益少なしです。

ニッチ市場は競合が弱いため、価格競争の末に事業が短命で終わるリスクが低いです。高品質の商品やサービスを、適正価格で顧客に提供できます。十分な利益を安定的に確保できるため、事業が長期に渡り継続しやすいです。

 

弱点も抑えよう!新規事業でニッチ市場を攻めるデメリット

メリットが多いので目立ちにくいですが、攻めるデメリットも当然あります。新規事業でニッチ市場を攻めるなら、以下に挙げるデメリットも把握しておきましょう。

マーケットがそもそもない可能性がある

ニッチ市場を攻めるのは諸刃の剣です。今までどの企業も攻めなかったのは、もしかしたらマーケットがそもそもないからかもしれません。マーケットがなければ、成長や継続が途端に厳しくなります。場合によっては、初期投資した費用を未回収のまま撤退を余儀なくされる場合もあります。

新規事業でニッチ市場を攻めるなら、入念な市場調査とリサーチが必要不可欠です。

大手が入ってくる可能性もある

「あのニッチ市場は狙えるのでは」と検討しているのが、自社だけとは限りません。資金力のある大手が、満を持して参入してくる可能性は捨て切れないです。大手が参入すれば、途端にシェアを奪われてしまうこともあります。新規事業を開発しているのはどこも同じなので、大手が絶対に入ってこないとは言い切れません。

ニッチ市場をただ攻めただけでは不十分なので、シェアを守れるように独自性をしっかり追求することが大切です。

スケールしない可能性もある

せっかくニッチ市場を攻めてもスケールしなければ、根本から戦略を練り直す必要があります。スケールしない原因を究明し、有効的な改善策を実践しないと負け戦です。雪だるま式に費用がかさめば、回収は困難となるでしょう。

スケールするかどうかを、参入前に慎重に見極めることが大事です。

ポイントをつかんで最短攻略を目指そう!ニッチ市場参入時の考え方を徹底解説!

新規事業でニッチ市場に参入する場合、成功するための考え方があります。どのような考え方なのか、以下で詳しく紹介します。

ターゲットユーザーは誰か?

ニッチ市場を狙うなら、ターゲットユーザーが誰なのかをはっきりさせるべきです。ペルソナを細かく設定し、ターゲットユーザーを明確にしましょう。ターゲットユーザーが曖昧では、ニッチ市場をピンポイントで攻められません。いったい誰に利用して欲しい商品やサービスなのかを十分検討を重ねることが、ニッチ市場を攻める際の大前提です。

ユーザーはどこから接触できるか

ターゲットユーザーをはっきりと決めたら、次はどこから接触できるかを考えます。ターゲットユーザーをはっきりさせても、接触できなければ売上になりません。ユーザーとどこで接触できるのかを探り、ユーザーと接触できるプラットフォームを用意する必要があります。

まずは実店舗とインターネットのどちらなのかをはっきりさせましょう。

ユーザーはどんな商品を求めているか

ニッチ市場を支えるユーザーがいったいどんな商品を求めているかは、もちろん深く考えないといけません。ニッチ市場があっても、商品のピントがずれていたらヒットは見込めないです。

機能性・デザイン・価格・保証などを軸に、ニッチ市場で強く求められている商品を開発することが重要です。たとえば低価格を徹底追求した商品や、十分な保証を約束する商品などです。ユーザーの期待に応える商品を開発することがヒットへとつながります。

ユーザーはどうすれば満足するか

ニッチ市場はユーザーが決して多くないため、なるべくたくさんのユーザーに満足してもらわないと採算が合わなくなります。シェアを独占できるぐらいたくさんのユーザーに満足してもらうことが、ニッチ市場で新規事業を定着させるためのポイントです。もしも満足させられなければ、商品やサービスが利用されず撤退を迫られます。

事前にデプスインタビューなどを実施し、ユーザーが心から求める商品やサービスを提供する必要があります。どうすれば満足するかを、優先的に考えるようにしましょう。

その商品・サービスはユーザーのどんな悩みを解決するのか

商品・サービスは、ユーザーの悩みを解決する側面があります。便利グッズ・ガジェット・スマホアプリなどの商品・サービスが、イメージしやすいかもしれません。これらの商品・サービスは、ユーザーが普段抱えている悩みを解決するのが特徴です。

ニッチ市場のユーザーが抱えている悩みを解決する商品・サービスを開発できれば、たくさんのユーザーに自然と求められます。どんな悩みを解決するのかを具体的に考えるのがおすすめです。

そのサービスはユーザーにとってどれくらい重要か

たとえば「このサービスがなければとても困る」と思われるぐらい重要なサービスなら、ユーザーから長く支持されるのは間違いありません。ユーザーがサービスを利用する際は、重要度が高い順に選ぶものです。さして重要でないサービスは、後回しになるのが一般的です。

ニッチ市場のユーザーが必需品として重宝するサービスの開発を目指しましょう。

潜在・顕在顧客はどう切り分けるか

ニッチ市場に意識が向いていると顕在顧客の存在だけを注視しがちですが、潜在顧客もいることを忘れてはいけません。顕在顧客のシェアを獲得できたら、次は潜在顧客の獲得にチャレンジしましょう。

重要なのは潜在・顕在顧客の切り分けです。ニッチ市場の顧客分析を常に実施し、明確に切り分けて考えることが大切です。

ニッチ市場で話題のマッチングビジネスを新規立ち上げ!おすすめのサービスはコチラ!

ニッチ市場に乗り込むために必要な検討要素や考え方についてお話いたしましたが、いざニッチ市場でマッチングサービスを開始する際に、どんな企業に開発を受注するか悩むのも事実です。こだわりたいから自社1から開発するとなっても時間がかかりすぎてしまい、ほかの企業に先を越されてしまうかもしれません。ビジネスのアイデアは早い者勝ちになるのでスピード感のあるリリースが重要になってきます。

こちらではおすすめの開発委託サービスをご紹介します。

マッチングサービスの立ち上げならMACHMENの最速・最安リリースで他サービスと差をつけよう

70以上のゼロイチ立ち上げの実績から蓄積された開発から収益化でのノウハウをたっぷり詰め込んだ委託サービスです。企画内容に合わせてプラットフォームを一気通貫でスピーディに開発し実現することが可能です。

「アイデアはあるけど、システムの立ち上げ経験がない」?問題ありません。丁寧なヒアリングと合計200以上のサービス開発実績でどんなにニッチな市場もビジネス領域の理解からマッチングサービスの収益化のアイデア出し、コンサルティング、実行支援の領域まで幅広くカバーします。

お客様ごとに開発チームや制作・マーケティング担当者をカスタムし、最適なメンバーで最短距離のリリースを共に目指すことができます。

マッチングサービスの開発ならMatchMen

まとめ

新規事業でニッチ市場を攻める際のポイントについて解説しました。ニッチ市場を攻めることは高い収益率を出せて競合も少ないメリットがある反面、マーケットが成長しなかったり大手参入の可能性といったデメリットもあります。

そこで、ニッチ市場参入時の考え方についても紹介しました。ニッチ市場は、ユーザーが成功のカギを握ります。新規事業でユーザーが心から満足する商品・サービスを開発し、シェアの拡大を目指しましょう。

 

新規事業における0.3%の壁。限りなく成功確率が低い新規事業の成功確率を高められるのか、株式会社アイディオットが自治体・官公庁、日本を代表する大手企業の事業立ち上げを支援することで、気づいた新規事業を創出し実行するために必要な条件・ノウハウをレクチャーします。新規事業でお悩みの方はぜひ資料を無料ダウンロードくださいませ。
【支援企業】
・トヨタ自動車株式会社
・阪急阪神ホールディングス
・株式会社エイチ・アイ・エス
「トヨタ自動車」の新規事業立ち上げにアイディオットのMATCHMENを活用
この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

新規事業カテゴリの最新記事