現在も急成長中!マッチングサービス市場の詳細を徹底解説!

現在も急成長中!マッチングサービス市場の詳細を徹底解説!


マッチングサービス市場は、近年急速に成長しているオンラインサービスの一つであり、異性や同じ趣味を持つ人同士を繋げるためのプラットフォームが多数存在しています。

また、マッチングサービス市場は、従来の出会いの場とは異なり、インターネットを活用しているため、時間や場所に縛られず、自分のペースで出会いを楽しむことができる点が魅力的です。さらに、利用者の属性や趣味、興味に合った相手を繋げるアルゴリズムを活用することで、より効率的に相性の良い人と出会うことができるという点も魅力的な特徴です。

では、この“マッチングサービス”の市場とは、具体的にどういったものなのでしょうか? そこで、今回は近年、特に耳にすることが増えた“マッチング”について、その市場規模の詳細を徹底解説していきたいと思います!

近年のマッチングサービス・アプリの市場規模はどうだった?

マッチングとは?

マッチングとは、二つ以上のものを合致させることや組み合わせることを指します。例えば、人と人を結び付けることや、条件に合った物を選び出すことなどがあります。マッチングは、人間関係やビジネス、技術など様々な分野で利用されています。最近では、マッチングアプリやマッチングサイトなども多く存在し、人々の出会いやビジネスの機会を増やすために利用されています。また、人材紹介や就職活動などでもマッチングが重要な役割を果たしています。簡単に言えば、「合致させること」がマッチングの基本的な意味です。

近年のマッチングサービス・アプリの市場規模はどうだった?

アプリ分析企業Sensor Towerによると、2020年にはTinderの収益が10億ドルを突破し、過去最高の年間収益を達成したと報告されています。また、同社のレポートによると、Tinderのユーザー数は2020年に3億人を突破し、過去最高の数値を記録したとされています。

オンラインデートに関するユーザーの意識や行動に関する調査も、マッチングサービス・アプリ市場の成長を支持するデータが多数あります。例えば、Pew Research Centerによると、2020年の米国の成人の約3分の1がオンラインデートを試みたことがあると報告されています。

以上のデータやレポートからも、マッチングサービス・アプリ市場が過去数年間に急速に成長してきたことが示されています。これは、デジタル化や社会の変化に伴って、人々が新しい出会いの形を求めていることを反映しています。また、今後も市場の成長が期待されていることから、今後の展望も非常に興味深いものとなっています。 と言えるでしょう。

市場拡大の背景を解説!成長著しいのは「恋愛・婚活系」のマッチングアプリ・サービスはどうやって拡大していったの?

オンライン社会の発展

インターネットの普及とスマートフォンの普及により、オンライン上でのコミュニケーションや交流が一般的になりました。これにより、恋愛・婚活を含む人間関係の形成もオンライン上で行われるようになり、マッチングアプリ・サービスが需要を増やしました。

多様化する出会いの形態

伝統的な出会いの場に対するニーズが多様化しています。結婚相手や恋人を見つける場として、オンライン上のマッチングアプリ・サービスが選択肢の一つとして浸透しています。特に、忙しい現代社会で時間的制約がある人々や、地理的な制約がある人々にとって、オンラインのマッチングアプリ・サービスは便利な選択肢となっています。

カスタマイズされたマッチング体験

マッチングアプリ・サービスは、利用者の属性や興味を考慮したアルゴリズムにより、より高い相性のある人を紹介することができます。これにより、利用者は自分の条件や希望に合った相手を探しやすくなり、効率的に出会いを進めることができます。また、一部のマッチングアプリ・サービスでは、利用者のプロフィールを自己啓発や自己成長のために活用する機能もあり、よりカスタマイズされたマッチング体験を提供しています。

国内で頭角を現す「フリマアプリ」や「スキルシェアサービス」!全年齢利用で市場拡大?!


市場規模の拡大は、恋愛・婚活系のマッチングのみにとどまりません。 もしかしたら、“フリマアプリ”の方が身近に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば恋愛・婚活系のマッチングアプリには【18歳以下の方はご利用いただけません。】など利用者の使用条件に制限があります。 恋愛・婚活系のマッチングアプリと比べてもフリマアプリは使用条件に制限が少なく、利用者の母数でいえば恋愛・婚活系のマッチングアプリを大きく上回ります。こちらはテレビ広告としても大々的にCMが放送されており、老若男女が利用できるマッチングサービスとして、国内でも一際その存在感を示しています。 また、スキルシェアサービスについても触れておかなければなりません。

現在、成長が著しいとされるマッチングサービスの種類は、「スペース」「モノ」「スキル」の3つであると言われています。 そのうちの1つである「スキルシェアサービス」も大きな存在感を示しています。 例を挙げるとするならば、ライティングやプログラミングなどのスキルシェアサービスがあげられるでしょう。 市場規模の拡大に関しては、以上の二つもめきめきと成長を遂げています。そして今後もますます発展していくであろう事は、言うまでもありませんね。

コロナ禍でリモートワークや副業マッチングなど「ビジネスマッチング」需要も増加中!その背景を解説

コロナ禍においては、多くの人々が自宅での勤務や副業を選択するようになり、これに伴ってビジネスマッチングの需要が増加しています。

リモートワークの普及

まず、リモートワークが普及することで、従来のオフィス勤務から自宅や遠隔地での勤務が増えました。これにより、地理的な制約を超えて人材を探し、雇用する必要がある企業や個人事業主が増加しました。ビジネスマッチングサービスは、企業や個人事業主が自らのニーズに合った人材を探しやすくし、リモートワークの普及を支援することで需要が増えました。

副業の需要が増加

また、副業の需要も増加しています。コロナ禍により一定の収入の不安定さや、自己啓発やスキルの向上を求める人が増えたことから、副業を始める人が増加しました。ビジネスマッチングサービスは、副業を希望する人と需要があるビジネスのマッチングを支援し、効率的に副業のチャンスを提供することで、需要を増やしています。

企業が人材採用にコストを抑えている

さらに、コロナ禍による経済の厳しい状況下では、企業が人材採用の際にコストを抑える必要性が高まりました。ビジネスマッチングサービスは、効率的な人材のマッチングを通じて採用コストを削減し、経済的な課題に対応するソリューションを提供することで需要を増やしています。

以上のように、リモートワークや副業の普及、経済的な課題への対応の必要性などが背景にあり、ビジネスマッチングの需要が増加していると言われています。 また、テクノロジーの進化により、より高度なマッチングや効率的な人材探索が可能になったことも、ビジネスマッチングの成長を促しています。 これらの要因が組み合わさり、ビジネスマッチングサービスの需要が増加していると言われています。

今からのマッチング参入にもアイディオットがお手伝いします!

いまだ成長速度の緩まないマッチングサービスの波ですが、スタートアップするなら今がチャンスです。マッチングサービスのみならずすべてのビジネスのアイデアは早い者勝ちになります。最も重要なのは一定以上のクオリティを持ち、かつスピード感のあるリリースです。

マッチングサービスの立ち上げならMACHMENの最速・最安リリースにおまかせ!

70以上のゼロイチ立ち上げの実績から蓄積された開発から収益化でのノウハウをたっぷり詰め込んだ委託サービスです。企画内容に合わせてプラットフォームを一気通貫でスピーディに開発し実現することが可能です。

アイデアはあるけれどシステムの立ち上げ経験がない状態でもおまかせください!ビジネス領域の理解からマッチングサービスの収益化のアイデア出し、コンサルティング、実行支援の領域まで幅広くカバーしています。

お客様ごとに開発チームや制作・マーケティング担当者をカスタマイズし、最適なメンバーで最短距離のリリースを共に目指すことができます。

まとめ

新型コロナウイルスはいまだ猛威を振るっており、コロナ収束についての目処は立っておりません。 しかしそれは、同時に“マッチング市場のさらなる拡大”を意味していると、私は考えています。

そもそも“マッチング”とは、お互いの需要と供給をつなぎ合わせることを指します。コロナが我々にもたらした様々な影響は、同時にこれまでとは異なる需要を生み、それに伴う新たなサービス(供給)を生みました。

その中で、私たちの製品「マッチメン」は、多様な需要と供給を効率的に繋ぎ合わせる最適なマッチングを可能にします。

これからのマッチング市場の成長と共に、「マッチメン」を活用して、新しい需要と供給のバランスを築いてください。それらをつなぎ合わせるプラットフォームとして、また、シェアリングエコノミーの観点においてもマッチングサービスは今後も収束することなくその市場規模を拡大させていくことでしょう。

MATCHMEN-マッチメンについて詳しく知る>>

人と人、人とモノ(案件)などを結び付けるマッチングプラットフォームの立ち上げて、効率良く収益化するためのノウハウをレクチャー!日本最大級の開発実績から導いた成功の秘訣を分かりやすく解説します。サービスの立ち上げからグロースまでお悩みの方はぜひ資料を無料ダウンロードくださいませ。 
 

【支援企業】
・トヨタ自動車株式会社
・阪急阪神ホールディングス
・株式会社エイチ・アイ・エス「トヨタ自動車」の新規事業立ち上げにアイディオットのMATCHMENを活用

この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

マッチングカテゴリの最新記事