現在も急成長中!マッチングサービス市場の詳細を徹底解説!

現在も急成長中!マッチングサービス市場の詳細を徹底解説!

突然ですが、皆さんは“マッチング”という言葉を耳にしたことはありませんか? 例えば、「電車の中吊り広告で“マッチングアプリ”の広告を目にしたことがある!」といった方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、一昔前の電車の中吊り広告といえば、雑誌や不動産の広告といったものが多かったように思います。

さて、最近はどうでしょう。 一昔前では考えられなかった“マッチングアプリ”の広告が車内には堂々と貼られています。 それは電車内だけにとどまらず、街の看板にも。 はたまた、今では“テレビ離れ”という言葉まで生んだYouTubeにも、それは広告として流れています。 加えて、個人的に“マッチング”という言葉は、ここ数年で特に多く耳にするようになったと感じています。

例えば、インフルエンサーが現れればそこにはインフルエンサーを マッチングさせるサービスが生まれ、YouTuberが生まれれば、そこにはYouTuberをマッチングさせるサービスが生まれます。 このように、“何かと何かを組み合わせる”というマッチング(サービス)市場は近年、特に右肩上がりの拡大を見せています。

では、この“マッチングサービス”の市場とは、具体的にどういったものなのでしょうか? そこで、今回は近年、特に耳にすることが増えた“マッチング”について、その市場規模の詳細を徹底解説していきたいと思います!

2021年のマッチングサービス・アプリの市場規模はどうだった?

一口に“マッチング”といっても、 個人同士の出会いの場をマッチングさせる「個人と個人」のパターンや、 ビジネスパートナーを探している企業とフリーランスを投げる 「企業と個人」のパターンなど、そのマッチングパターンは様々 です。

それらをすべて含めた潜在的な市場規模は約2兆6300億円とも言われています。 そして、この組み合わせについてはまさに無限の可能性を秘めています。 これからまた何か新しいモノが生まれた時に、それらを結びつけるマッチングサービスがそこには生まれます。 今後もこの“マッチング”の市場規模はますます拡大していくことが予想されるでしょう。

市場拡大の背景を解説!成長著しいのは「恋愛・婚活系」のマッチングアプリ・サービスはどうやって拡大していったの?

先ほど、「様々あるマッチングパターンのなかで、それらをすべて含めた潜在的な市場規模は約2兆6300億円とも言われている。」と紹介をしましたが、その中でも特に成長が著しいとされているのは“恋愛・婚活系”のマッチングでもあると言われています。 冒頭で述べた「最近、頻繁にみるようになったマッチング広告」とはまさに、この“恋愛・婚活系”のことですね!

では、この“恋愛・婚活系”の市場規模について見てみましょう。 まず、日本国内のマッチングサービスやマッチングアプリの市場は、2021年時点で789億円というデータが出ています。 2016年に156億円だったことから見ても、まさに“著しい成長”と言えるでしょう。 さらに言えば、この“恋愛・婚活系”の市場規模については今後も拡大していくことが予想されており、2024年時点では1037億円にも及ぶと言われています。

そして、この恋愛・婚活系のマッチングアプリの市場規模の拡大の裏には、新型コロナウイルスの流行が影響しているのだと私は考えています。 非対面・非接触が求められる中で、恋愛・婚活が活発になされるという事は考えにくいことであります。 その折、この個人と個人を結びつける“マッチングアプリ”を広告することはもはや必然ではないでしょうか。 つい先日、4度目の緊急事態宣言が発令されるとの発表がりました。 しかし、そういった中で需要が増える市場というのも必ず存在します。 この恋愛・婚活系マッチングアプリの市場規模の拡大は、日本の少子高齢化や晩婚化の改善の糸口となるのかもしれませんね。

国内で頭角を現す「フリマアプリ」や「スキルシェアサービス」!全年齢利用で市場拡大?!

市場規模の拡大は、恋愛・婚活系のマッチングのみにとどまりません。 もしかしたら、“フリマアプリ”の方が身近に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば恋愛・婚活系のマッチングアプリには【18歳以下の方はご利用いただけません。】など利用者の使用条件に制限があります。 恋愛・婚活系のマッチングアプリと比べてもフリマアプリは使用条件に制限が少なく、利用者の母数でいえば恋愛・婚活系のマッチングアプリを大きく上回ります。こちらはテレビ広告としても大々的にCMが放送されており、老若男女が利用できるマッチングサービスとして、国内でも一際その存在感を示しています。 また、スキルシェアサービスについても触れておかなければなりません。

現在、成長が著しいとされるマッチングサービスの種類は、「スペース」「モノ」「スキル」の3つであると言われています。 そのうちの1つである「スキルシェアサービス」も大きな存在感を示しています。 例を挙げるとするならば、ライティングやプログラミングなどのスキルシェアサービスがあげられるでしょう。 市場規模の拡大に関しては、以上の二つもめきめきと成長を遂げています。そして今後もますます発展していくであろう事は、言うまでもありませんね。

コロナ禍でリモートワークや副業マッチングなど「ビジネスマッチング」需要も増加中!

個人的に、マッチングサービスの市場規模の拡大は、新型コロナウイルス拡大の恩恵であるという風に考えています。 というのも、今でこそ推奨されるまでに至った“リモートワーク”ですが、コロナウイルスの流行なくしては、この言葉が浸透するとはとても思えません。 “コロナ禍だからこそ増加した需要”に比例して、それを供給するプラットフォームとなる“マッチング”への需要が高まることはまさに必然といえるでしょう。

先ほど、『現在、成長が著しいとされるマッチングサービスの種類は、「スペース」「モノ」「スキル」の3つである』と紹介をしましたが、リモートワークマッチングや副業マッチングはまさにこれにあたります。 コロナ禍でリモートワークをする“スペース”と、自宅でのリモートワークが増加した影響などによる副業、フリーランスやギグワーカーをはじめとする個人事業主の増加に伴い“スキル”提供は、その需要がどんどん高まっています。

スペースマッチングや転職マッチングなどまだまだ市場は拡大傾向!

冒頭でお話しした恋愛・婚活系のマッチングアプリや、テレビCMでも馴染みのあるフリマアプリは使ったことがあるという人も多いかと思われますが、さて、ビジネスマンの方々にとってはいかがでしょう。 もしかすると、リモートワークに際して、毎日働く「スペース」を提供してもらっている!という方や、転職活動中で、「転職マッチングアプリ」を使用しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 このように、需要がある所に供給は生まれます。 私は、今後もマッチングに関する市場規模はますます拡大していくと考えています。

今からのマッチング参入にもアイディオットがお手伝いします!

いまだ成長速度の緩まないマッチングサービスの波ですが、スタートアップするなら今がチャンスです。マッチングサービスのみならずすべてのビジネスのアイデアは早い者勝ちになります。最も重要なのは一定以上のクオリティを持ち、かつスピード感のあるリリースです。

マッチングサービスの立ち上げならMACHMENの最速・最安リリースにおまかせ!

70以上のゼロイチ立ち上げの実績から蓄積された開発から収益化でのノウハウをたっぷり詰め込んだ委託サービスです。企画内容に合わせてプラットフォームを一気通貫でスピーディに開発し実現することが可能です。

アイデアはあるけれどシステムの立ち上げ経験がない状態でもおまかせください!ビジネス領域の理解からマッチングサービスの収益化のアイデア出し、コンサルティング、実行支援の領域まで幅広くカバーしています。

お客様ごとに開発チームや制作・マーケティング担当者をカスタマイズし、最適なメンバーで最短距離のリリースを共に目指すことができます。

まとめ

新型コロナウイルスはいまだ猛威を振るっており、コロナ収束についての目処は立っておりません。 しかしそれは、同時に“マッチング市場のさらなる拡大”を意味していると、私は考えています。

そもそも“マッチング”とは、お互いの需要と供給をつなぎ合わせることを指します。コロナが我々にもたらした様々な影響は、同時にこれまでとは異なる需要を生み、それに伴う新たなサービス(供給)を生みました。

それらをつなぎ合わせるプラットフォームとして、また、シェアリングエコノミーの観点においてもマッチングサービスは今後も収束することなくその市場規模を拡大させていくことでしょう。

 

 

人と人、人とモノ(案件)などを結び付けるマッチングプラットフォームの立ち上げて、効率良く収益化するためのノウハウをレクチャー!日本最大級の開発実績から導いた成功の秘訣を分かりやすく解説します。サービスの立ち上げからグロースまでお悩みの方はぜひ資料を無料ダウンロードくださいませ。

【支援企業】
・トヨタ自動車株式会社
・阪急阪神ホールディングス
・株式会社エイチ・アイ・エス

「トヨタ自動車」の新規事業立ち上げにアイディオットのMATCHMENを活用

この記事の執筆・監修者
Aidiot編集部
「BtoB領域の脳と心臓になる」をビジョンに、データを活用したアルゴリズムやソフトウェアの提供を行う株式会社アイディオットの編集部。AI・データを扱うエンジニアや日本を代表する大手企業担当者をカウンターパートにするビジネスサイドのスタッフが記事を執筆・監修。近年、活用が進んでいるAIやDX、カーボンニュートラルなどのトピックを分かりやすく解説します。

マッチングカテゴリの最新記事