NEWS

NEWS

ニュース

【株式会社アイディオット代表取締役 井上智喜】2024年新年のご挨拶

2024.01.10 / EVENT


株式会社アイディオット代表取締役 井上智喜


昨年は大変お世話になりました。
2024年の年頭にあたり、新年のご挨拶を申し上げます。

2024年1月1日に発生しました「令和6年能登半島地震」により亡くなられた方々に哀悼の意を表するとともに、被災された皆様ならびにご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。私も微力ながら支援をさせていただきましたが、もし余裕のある方はご協力をいただけますと幸いです。

 令和6年能登半島地震 緊急支援募金サイト

被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

 

昨年は、世界経済を脅かした新型コロナウイルスにから徐々に解放され、これまでの日常が戻り始めた1年でした。一方で、元旦から度重なっている災害、常態化すらしてしまっているロシアによるウクライナ侵攻など国際情勢は依然として不安な状況が続いております。また、ChatGPTをはじめとする生成AIが次々に登場、急速に浸透したことにより、AIの民主化の始まりの重要な年となりました。

今年、2024年はまさに2024年問題を発端とする働き方改革による物流・サプライチェーン、建築、医療といった業界において大きな壁になる年でもあると感じます。

これらは私たちのビジネスとも深い関わりのある産業で、【BtoB領域の脳と心臓になる】というビジョンを掲げる当社は、AIやDXといったテクノロジーを駆使して、

支援できることは選り好みせずに課題解決にコミットする形でのご支援をしていく心算でございます。

・データを自社内・企業間で共有・活用することで、人材の意識改革が行われ業務フローの最適化(DX)
・データを用いてアルゴリズムを構築することで、不確定要素が多く属人化された未来を予測


・ChatGPTなどの最先端技術を自社業務で活用できるかのPoC検証


当社ではこのような形でデータを起点にDXを促進することで、

「可視化による業務改善、コスト削減」だけではなく「AIを活用した業務改善、売上向上」も見込め、ニューノーマル時代にふさわしい中長期的な企業の競争力の維持や向上が可能になります。
当社は本年、サステイナブルな世界を実現していくためのを目指して事業を展開していく予定です。

 

https://aidiot.jp/contact/

 

株式会社アイディオットは本年も、企業活動の無駄をなくしていく活動での"利益向上"と、世界環境に配慮した活動をしていくことでの"企業価値向上"のお手伝いをさせていただきます。

本年も引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願い致します。

全ポジションで積極採用中!
東京・大阪

採用情報を見る >

全ポジションで積極採用中!
東京・大阪・中国

採用情報を見る