NEWS

NEWS

ニュース

エリア別人口構成

2020.11.13 / EVENT

使用データ:国勢調査(2015年)


出展:e-Stat
https://www.e-stat.go.jp/stat-search



 

 

 

 

地域




地域別人口を見ると、関東地方が群を抜いて多く、4500万人弱。
次に多い中部地方に2倍近い差を付けている。

それから近畿地方、九州・沖縄地方と続き、
少し間を空けて、東北地方、中国地方、北海道地方の順番に少なくなり、
最も少ないのが四国地方で約445万人となっている。




関東




関東地方内での人口比較では、
首都である東京都が1番多く、約1360万人。
次に神奈川県、
そして埼玉県、千葉県と続く。

上位4つから少し離れて、茨城県、群馬県と続き、
最も少ないのが栃木県で約220万人となっている。




東京対神奈川_TOP10_比較




東京と神奈川の人口比較で見ると、
東京の1位は世田谷区で90万人超。
神奈川の1位は藤沢市で約42万人となっており、
その差は2倍以上。

その他順位・男女比は上記の図の通りだが、それぞれの順位同士を比べても2倍程度の人口差がある。

全ポジションで積極採用中!
東京・大阪・中国

採用情報を見る >

全ポジションで積極採用中!
東京・大阪・中国

採用情報を見る